EVENT

東区尾ノ上【お客様邸完成見学会】
CONTACT お問い合わせ・資料請求

住宅ローン控除について

お家を建てたり購入された際、たくさんの出費が発生していますが、その中でお金が貰える嬉しい制度がございます! ( 正確には戻ってくる )
それが今回ご説明させていただく「住宅ローン控除」です。
何年も前からある制度にはなるのですが、最近は金額であったり時期であったりとその内容が変わっております。
こちらをご覧になっていただき、まずはそんな制度があるんだということを知っていただくこと。
そして還付される正確な金額も把握できると、これからお家づくりの資金計画の面でもご参考になる部分もあると思います。
少し難しいところもあるかと思いますが、是非ご覧になってみてください_(._.)_

【住宅ローン減税とは】
住宅ローン控除は、住宅ローンを組んでマイホームを購入した方が受けられる減税制度です。( 一から建てる場合も建売住宅も適用されます )
内容としては年末の住宅ローン残高に 0.7%を乗じた金額を所得税から引くことができ、その分が 13 年間還付される ( 戻ってくる ) 形になります。
所得税から引ききれない場合は ( 減税額が所得税を上回る場合は )、住民税からも最大で 97,500 円まで引くことができます。
例 ) 年末の時点で 3000 万円の借入が残っている場合は 3000 万円 ×0.7%=21 万円が還付されます。
住宅ローンが毎月 8 万円お支払いという形でしたら次の年末時は 8 万円 ×12 ヶ月=96 万円 /3000 万円-96 万円=2904 万円が残りの借入なので2904 万円 ×0.7%=20 万 3 千円ほどが還付されます。

【詳細概要】
2022年~2023年入居の場合

2024年~2025年入居の場合

1.上と下を比較した際に下の 2024 年~ 2025 年入居の場合の方が条件が下がっていることがわかると思います。
 借入限度額が下がっていることで最大減税額が下がります。( お金が戻ってくる最大の額 )
 もっと言うと 2021 年の頃の内容も記載しておりますが、それと比較すると 2022 年~ 2023 年入居も条件が下がっています。
 正直年々条件は悪くなっているので、これを見てもお家を建てるのは早い方がメリットが多いということがわかると思います。
※2021 年と 2024 年~の条件を比較すると、最大限税率の大きいところで 260 万円ほどの開きがあります。

2.借入限度額はどんなお家を建てているかで変わり、良い性能のお家を建てるほど還付の条件は良くなります。
 弊社のお家は標準を「省エネ基準適合」にしているので「その他一般住宅」には当てはまらずご要望があれば「ZEH」等にも対応できます。
※借入限度額が 3000 万円の場合、住宅ローンで 4000 万円借入していても、3000 万円 ×0.7%の還付になってしまいます。

【まとめ】
1.13 年間、毎年 10 ~ 30 万円ほどの還付を受けることができる。
2.お家の性能によって還付される金額は変わる。
3.条件は年々下がっている傾向にある。


「住宅ローン減税について」いかがでしたでしょうか?
上記したように還付条件は下がっていっていますが、逆にまだ今ならこれだけの還付を受けられるということでもあります!
( 弊社でいうと 2025 年まで入居であれば 270 万円ほどは還付されると思います )
少しでも費用を下げる為に色々ご検討されている中で、還付金のことも頭に入れつつご検討されるとまた違う答えに繋がるかもしれません。
この他にも色んな情報がありますので、是非一度お家づくりのご相談に来られてみて下さい (^^)/

    記事一覧